FAB-LENSとは
FAB-LENSは、新しい形のトイカメラレンズです。
パーツを自由に組み替えられるのが特徴で、レンズ交換式のフィルムカメラやデジタルカメラに対応しています。
フードやマウント、絞りなどを様々な形・色に変えることができるので、遊び心に満ちた写りや外見をつくり上げることが出来ます。
組み替えられるレンズ
FAB-LENSの大きな特徴のひとつは、マウントから絞り、レンズに至るまで、全てパーツ毎に分かれていて、自由に組み替えることが出来る点です。 例えば、絞りを星形やハート型に替えれば、ボケも星形やハート型にすることが出来ます。あるいは穴の大きさを替えて極端に絞ったり明るくしたりすることも可能です。
また他にも、フードの色を替えて見た目を鮮やかにしたり、あえてケラレが出るような構成にしてみたり、マウントパーツを替えて違う機種のカメラにつけたり、と遊び方に際限がありません。
あたらしい製造方法
FAB-LENSは、3Dプリンターやレーザーカッター、CNC切削マシンなどのコンピューターに接続された工作機器を用いて行うあたらしいものづくり ”デジタルファブリケーション” によって生まれました。 本体は、カメラ用レンズ製品として世界で初めてFDM式3Dプリンターで製造することで、少数生産でもパーツのカラーバリエーションや、形状の種類を確保することが可能になっています。
絞りは円形の紙を交換する方式になっていて、こちらも紙の色やレーザーカットの形を変えることで、沢山のバリエーションを作ることが出来ます。
オープンソース
FAB-LENSは設計図やデータを公開した、
オープンソースの取り組みなので、発展の可能性は無限大です。
データは以下のページで公開しています。 お問い合せはこちらまで

http://www.thingiverse.com/thing:803018

 

株式会社YOKOITO

京都市下京区朱雀正会町1-1 KYOCA210

050-3599-3550

yokoito.inc@yokoito.co.jp

Inventor
鈴木雄貴 Graphic Designer
深地宏昌 Maker
株式会社YOKOITO